自律神経(読み)ジリツシンケイ

栄養・生化学辞典の解説

 自律神経系ともいう.自律機能をもつ器官すなわち意志に関係なく機能する器官の働きを調節する神経.交感神経,副交感神経に分かれ,両者が拮抗的に働く.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

脊椎動物の末梢神経系の一。生体の意志と無関係に、内臓・血管・腺などの機能を自動的に調節する神経系。交感神経と副交感神経から成り、多くは一つの器官に対し互いに拮抗きつこう的に作用している。植物性神経系。不随意神経系。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 意志とは無関係に働く内臓器官を支配する神経系。心臓・胃・腸・肝臓・膀胱などの臓器や、汗腺・内分泌腺・唾液腺などの分泌腺の活動を調整する。互いに拮抗(きっこう)して作用する交感神経と副交感神経の二神経系からなる。脊椎動物において発達。植物性神経。植物性神経系。不随意神経系。自律神経系。
※頭脳(1958)〈林髞〉一「体育の方での成長発育のためには、自律神経という神経のうちの副交感神経(交感神経とは反対)が働く必要があり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自律神経の関連情報