コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前進基地戦略 ぜんしんきちせんりゃくforward base strategy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前進基地戦略
ぜんしんきちせんりゃく
forward base strategy

第2次世界大戦後,アメリカがソ連に対抗するために採用した戦略の一つ。特にジェット中型爆撃機B-47が戦略攻撃の主力であった時代には,アメリカは本土から直接ソ連領を攻撃できなかったので,ソ連周辺にアメリカ軍の基地を建設して,この前進基地からのソ連の領土,奥地への攻撃を可能にしようとした。これを前進基地戦略という。この時代には,ソ連はアメリカ本土を攻撃することは不可能であった。その後,長距離爆撃機,ICBMSLBMなどが配備されるようになり,戦略攻撃基地としては,その有用性を失った。しかし戦術兵力,海軍兵力などの基地としては依然として前進基地は軍事的に有力な手段となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android