コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剡渓訪戴 えんけいほうたい

大辞林 第三版の解説

えんけいほうたい【剡渓訪戴】

「世説新語」の故事による山水画の画題。雪の夜、王子猷おうしゆう(王徽之)が、思い立って曹娥江そうがこう上流の剡渓に戴逵たいきを訪ねたが、門前まできて引き返した。人にその理由を尋ねられて、興にまかせて行ったが、興が尽きたので引き返したまでだと答えたという。王子猷訪戴。雪夜訪戴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone