コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副用語 ふくようご

大辞林 第三版の解説

ふくようご【副用語】

文の骨子となる体言・用言に依存し、それにさまざまな意味をつけくわえる語。副詞・連体詞・接続詞・感動詞など。語形変化がなく、連用または連体のいずれか一方の機能をもち、実質概念の希薄な語の総称として用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の副用語の言及

【修飾語】より

…これまではいずれも述語の用言の実質的な意味内容を修飾するものであるが,これに対して〈けっして(来ない)〉〈たとえ(きても),……〉などは用言に伴う陳述のしかたを規定するもので,これも一種の連用修飾語といえる(陳述副詞とよぶ)。 以上,単語のなかでもっぱら修飾語としてのみ用いられるものを副用語という。またある文節(連文節)が他の文節(連文節)に対して修飾・被修飾の関係(主述関係をふくむ)または対立の関係をもたないとき,これを独立語(部)という。…

※「副用語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

副用語の関連キーワード日本文法学概論不変化詞語形変化接続詞連体詞感動詞用言総称副詞体言連用骨子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android