コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体言 たいげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体言
たいげん

日本語文法の用語。名詞代名詞数詞の総称。これらはみな,活用がなく,文の主語になりうるという性質をも。また,普通には単独では文の言い切りに用いられないし,時の名詞 (今日,本来など) や数詞 (1つ,2人など) が単独で連用修飾の働きをもつことを除けば,単独で次に続くことは少い。もっとも,和歌の体言止めのように,文体的効果をねらって体言で言い切ることはある。 (→用言 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐げん【体言】

単語を文法上の性質から分類したものの一。自立語の中で、活用がなく、主語となることのできるもの。品詞より上位の概念を表すために用いられ、一般に名詞代名詞の2品詞に細分される。なお、学説により、名詞・代名詞・数詞の3品詞に細分することもあり、また、形容動詞を認めずに、その語幹に相当するものを体言に含めることもある。⇔用言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

体言【たいげん】

日本語の文法用語の一つ。単独に文節をなしうる単語(自立語)の中の一つの類。概念を表す語で,活用がなく,主語となり得る語。事物の実体的概念を表す名詞,数量・順序を表す数詞,話し手と事物との関係を表す代名詞がある。
→関連項目脚結抄日本語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいげん【体言】

日本語において,単独に文節をなしうる単語(自立語)の中の一つの類。活用のない点で用言に対し,構文上の格が一定でなくとくに呼格または主格に立ちうる点で副詞,連体詞,接続詞,感動詞に対する。いわゆる名詞,代名詞,数詞がこれにあたる。名詞と数詞とのあるものは,形容詞・形容動詞の語幹を独立させて体言に入れる説もある。用言または活用連語の連体形には,とくに文語で体言に準ずる用法がある。また,〈こと〉〈もの〉〈やつ〉などが連体形をうけて全体を体言化する形式的役割を果たすとき,形式体言と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいげん【体言】

〘文法〙 単語の一類。自立語の中で活用がなく、主語となりうるもの。名詞・代名詞の類。なお、形容動詞の語幹などを含める説もある。 ↔ 用言

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体言
たいげん

日本文法の用語で、「用言」などとともに、いわゆる品詞より上位の概念を表すために用いられる。たとば、学校文法の理論的背景をなす橋本進吉の文法論では、「詞(し)(=自立語)」を大きく「用言・体言・副用言・感動詞」に分ける。なお、橋本によれば、「体言」には、いわゆる「名詞・代名詞・数詞」が含まれるが、それらの別は語義の相違によるもので、職能には差がないから、区別する必要がないとされる。「体言」は、意味的には実体概念を表し、職能的には主格・目的格などにたつことができ、形態的には語形変化(活用)をしないという特徴をもつが、そのうちのいずれを重視するかによって、体言の中身が変わることがある。たとえば、「副詞」は、橋本文法では「副用言」に分類されるが、語形変化をしないという点から、「体言」の一種とみなされることがある。[山口佳紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の体言の言及

【接尾語】より

…派生語はアクセントでも文構成上の資格でも,まったく1個の単語と同じ働きをし,その品詞性は接尾語が決定する。体言をなす接尾語には,サン,クン(以下,接尾語はカタカナで示す)などの敬称,ラ,ドモ,タチなどの多数称,メ,タリ,ニン,マイ,エン,ツボ,ミリなどの助数詞,その他カ(化)(例:正当化),ケイ(形)(例:三角形),シュ(手)(例:信号手)など体言に結合するもののほか,動詞につく話しテ,寝入りバナ,出ガケ,駈けッコ,形容詞・形容動詞につく深サ,柔らかミなどがある。カ,ラカ,ヤカは形容動詞語幹を作るが,品詞性を与える以外の役目は薄い。…

※「体言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

体言の関連キーワード連体修飾語語学自在なりともばってん活語指南助動詞でないごかしなんと形容句詞玉橋じゃはと共に準体言からがと言うなんか格助詞さんつ方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体言の関連情報