コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割(り)ピン ワリピン

2件 の用語解説(割(り)ピンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わり‐ピン【割(り)ピン】

断面が半円形の針金を、平らな方を内側にして折り曲げたピン。接合部の穴に通してから両端を開き曲げてとめる。ブラッド(brad)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

割ピン
わりぴん

部品を留めるのに用いられるピン。穴に差し込んで先端を二つに開いておき、抜けるのを防ぐようにしたものである。ナットボルトから抜けないように、ボルトに穴をあけ、割ピンを差し込み、ピンの先を開いて使用するのはその一例である。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone