コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詰(め)腹 ツメバラ

デジタル大辞泉の解説

つめ‐ばら【詰(め)腹】

本意でない責任をとらされること。強制的に辞職させられること。「部下の不始末で詰め腹を切らされる」
強いられて、やむをえず切腹すること。
「急ぎ―切らするか」〈浄・嫗山姥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の詰(め)腹の言及

【切腹】より

…腹を切るのは苦痛も多く,致死も困難であるが,自分の真心を人に示すという観念,および戦場や人の面前で自殺するのにはもっとも目につきやすく,勇壮であるというところから,この部位が選ばれたのであろう。敗軍の将兵が捕らえられることをまぬかれるために行うことが多いが,主君への殉死のためにする追腹(おいばら),職務上の責任,世間の義理から人に迫られてやむなく行う詰腹(つめばら)などもあった。 刑罰としては中世末から行われたが,江戸時代に幕府・藩が採用し,武士のうち侍と呼ばれた上級武士に対する特別の死刑となった。…

※「詰(め)腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

詰(め)腹の関連キーワード藤原基経切腹

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android