力に余る(読み)チカラニアマル

大辞林 第三版の解説

ちからにあまる【力に余る】

与えられた問題や仕事が自分の能力以上で、処理できない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちから【力】 に 余(あま)

自分の力の及ぶ範囲を超える。手におえない。
蘭学事始(1921)〈菊池寛〉二「価は、二十五人扶持の彼に取っては、力に余る三両と云ふ大金だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる