コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭学事始 らんがくことはじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘭学事始
らんがくことはじめ

江戸時代後期の回想記。杉田玄白著。2巻。文化 12 (1815) 年成立。玄白が 83歳のときに往時を回想して書いたもので,ヨーロッパ人の渡来オランダ医学伝来に始り,前野良沢らとともになした『解体新書』翻訳の苦心を語り,さらに蘭学の盛んになろうとする現状の喜びを述べている。なお『蘭東事始』『和蘭事始』と表題をつけたものもある。いずれが玄白がつけた表題であるかについては異論が多い。明治2 (69) 年,福沢諭吉らにより初めて刊行されたが,このときの題が『蘭学事始』であったことからこれが普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蘭学事始【らんがくことはじめ】

杉田玄白(すぎたげんぱく)の著。2巻。玄白が,《解体新書》翻訳上梓(じょうし)の苦心談を中心に,江戸蘭学草創期の状況を回想したもの。大槻玄沢(おおつきげんたく)の序文のある写本によれば1814年当時82歳の玄白が起筆,翌1815年に草稿が成り,無題のまま門弟の玄沢に渡して増補訂正を依頼,玄沢は疑問点を質し,2巻の書とし《蘭東事始(らんとうことはじめ)》と題したという。
→関連項目蘭学階梯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らんがくことはじめ【蘭学事始】

江戸蘭学の発端と発展のさまを回顧した杉田玄白晩年の懐古録。《和蘭事始(オランダことはじめ)》《蘭東事始(らんとうことはじめ)》の題名の写本で伝わり,1869年(明治2)《蘭学事始》(記録にはこの題名もあった)の題名で玄白の曾孫(養子)杉田廉卿(れんきよう)によって2巻の和装本で木版刊行された。さらに90年に日本医学会第1回総会記念に活版洋装本として再版され,このとき福沢諭吉の序文が付された。それには本書の再発見と初版刊行のいきさつが述べられているが,その史実には現在疑問がもたれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

らんがくことはじめ【蘭学事始】

江戸後期に書かれた、蘭学に関しての回想録。二巻。杉田玄白著、大槻玄沢補訂。1815年成立。69年(明治2)刊。蘭学の沿革を述べ、「解体新書」翻訳の苦心談を通して、日本の蘭学の濫觴らんしよう期からの回想を述べる。和蘭オランダ事始。蘭東らんとう事始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘭学事始
らんがくことはじめ

杉田玄白の回想録。上下二巻。1815年(文化12)4月、当時83歳の杉田玄白が、日蘭交渉の発端から筆をおこし、蘭学創始をめぐる思い出と蘭学発達の跡をまとめたもの。なかでも、同志前野良沢(りょうたく)、中川淳庵(じゅんあん)らとともにオランダの解剖書『ターヘル・アナトミア』の翻訳から、『解体新書』出版にかけての苦心談は有名である。玄白は自筆草稿を大槻(おおつき)玄沢に示し、訂正を依頼した。玄沢は玄白より伝聞したところと自らの見聞をも加え、玄白に聞きただしながら整備、完成して、「蘭已(すで)に東せしとやいふべき起源」を記してあるところから『蘭東事始』と題して玄白に進呈したというが、覚えやすいということから「蘭学事始」の題名にかえたともいう。江戸時代には『蘭東事始』『和蘭事始』の書名で写本のまま伝わった。67年(慶応3)のころ神田孝平がみつけた古写本をもとに、杉田廉卿(れんけい)とも協議して、福沢諭吉が、69年(明治2)、木版本として刊行するに際し、『和蘭事始』を『蘭学事始』の書名に改めた。以来『蘭学事始』の名が一般に知られるようになり、岩波文庫に収められるようになっていっそう普及した。[片桐一男]
『緒方富雄校訂『蘭学事始』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蘭学事始の言及

【医学】より

…この訳業のきっかけを与えたのは,1771年(明和8)3月4日,江戸小塚原刑場であった解剖(腑分け)を,杉田玄白前野良沢中川淳庵が見学し,その際持参したクルムスの図譜の正確なことに驚いて,翻訳をすることに意見が一致し,さらに桂川甫周,石川玄常,嶺春泰,桐山正哲らも加わって集団討議を繰り返しながらできあがったものである。その経緯は,杉田玄白の《蘭学事始》に詳しい。《解体新書》はほとんど完全な訳本である。…

【杉田玄白】より

…玄白は後進の蘭学者を多数育成して蘭学興隆の基礎を固め,門弟・同志らによって外国書の翻訳が相次ぎ,これによって西洋の学問の摂取が本格化した。85歳の長寿を保った玄白は,そのさまを回顧録《蘭学事始(らんがくことはじめ)》にまとめたが,玄白自身の思想の進展を示すものとして《狂医之言》《形影夜話》《和蘭医事問答》等があり,政局批判の書として《後見草(のちみぐさ)》《野叟独語(やそうどくご)》等がある。【宗田 一】。…

【蘭学階梯】より

…玄沢の蘭語学学習法は,青木昆陽がひいた基本線を前野良沢が受け継ぎ,それを玄沢が引き継いだ形で行われ,蘭文法と漢文法の類似点に着目し,漢文直読法でない漢文訓読法による漢文学習法が蘭語学の学習に応用され,良沢の著した蘭語学書《和蘭(オランダ)訳文略》《蘭訳筌(せん)》ほかが,随所に利用されている。ただし上巻は蘭語学習には直接関係ない蘭学発達小史で,いわば杉田玄白の《蘭学事始》の簡約版である。【宗田 一】。…

※「蘭学事始」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘭学事始の関連キーワード疎慢・粗慢其の許千里鏡手医師引明け腑分け来す塵土町宅抃躍鏗鏗常法和解訳名濫觴大略補綴実法放流繕写

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘭学事始の関連情報