コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加圧導電ゴム かあつどうでんゴムpressure sensitive conductive rubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加圧導電ゴム
かあつどうでんゴム
pressure sensitive conductive rubber

外から圧力が加えられると,電気的に導通するゴム。シリコンゴムなどの中に,金属微粒子やカーボンブラックを分散させて作る。ゴムは絶縁物であるが,25~40%の導電物質を混入すると電気を流すようになる。このような材料は圧力によって分散させた微粒子間の距離が変化するため,導体から絶縁体まで変化させられる材料を作ることができる。導電性ゴムは,電卓リモコンキーボードなど広く使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android