加藤教明(読み)かとう のりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤教明 かとう-のりあき

?-? 戦国-織豊時代の武将。
加藤嘉明(よしあき)の父。三河(愛知県)の人。もと松平広忠の臣。15代将軍足利義昭に属し,永禄(えいろく)12年(1569)京都本圀(ほんこく)寺の変では三好三人衆の軍とたたかう。のち豊臣秀吉につかえた。名は別に広明,景喜。通称は三之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android