コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助右衛門 スケエモン

デジタル大辞泉の解説

すけえもん〔すけヱモン〕【助衛門】

江戸後期、上方の人形浄瑠璃社会で、良い、美しい、上手だ、などの意を表した語。
「女子の器量のよいを見てはおかのしろが―といひ、悪いは助四郎といひ」〈浮・芝居気質〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すけえもん【助右衛門】

近世上方の浄瑠璃社会で、「良い」「上等」「美しい」などの意で用いた語。 「女子の器量のよいを見てはおかのしろが-といひ。わるいは助四郎といひ/浮世草子・芝居気質」 → 助四郎すけしろう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

助右衛門の関連キーワード市川 鰕十郎(5代目)柏原孫左衛門(4代)三文字屋庄左衛門川原崎助右衛門尉大谷馬十(3代)烏亭焉馬(2代)紙子仕立両面鑑お園/六三郎柏原孫左衛門富森助右衛門納屋助左衛門包蔵(初代)大甫七重郎後藤象二郎兼重(2)佐久間左京佐久間修理多田宗太郎渡辺景綱滝本千丈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助右衛門の関連情報