助右衛門(読み)スケエモン

デジタル大辞泉の解説

すけえもん〔すけヱモン〕【助衛門】

江戸後期、上方の人形浄瑠璃社会で、良い、美しい、上手だ、などの意を表した語。
「女子の器量のよいを見てはおかのしろが―といひ、悪いは助四郎といひ」〈浮・芝居気質〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すけえもん【助右衛門】

近世上方の浄瑠璃社会で、「良い」「上等」「美しい」などの意で用いた語。 「女子の器量のよいを見てはおかのしろが-といひ。わるいは助四郎といひ/浮世草子・芝居気質」 → 助四郎すけしろう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助右衛門の関連情報