劫石(読み)ごうじゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐じゃく ゴフ‥【劫石】

〘名〙 (「雑阿含経‐巻三四」に、「如大石山不断不壊。方一由旬。若有士夫。以迦尸劫貝百年一払払之不已。石山遂尽劫猶不竟」とあるところから) 劫がきわめて長久であるたとえにいう語。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「今帝陛下、寿同法界、福類虚空、劫石尽而不尽、海水竭而無竭、身心永泰」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android