コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働白書 ろうどうはくしょWhite Paper on Labor Economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働白書
ろうどうはくしょ
White Paper on Labor Economy

正式名称は労働経済の分析。労働省 (現厚生労働省) が 1948年以降毎年作成している閣議報告資料で,近年は7月ごろ公表される。毎年の労働経済の動向とともに,中長期的観点から労働経済の諸問題について分析を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

労働白書の関連キーワード公共職業訓練校労働力の流動化公共職業安定所失業対策事業高齢者雇用高齢化社会労働経済学完全失業率健康リスク雇用対策法就業制限家内労働経済成長職業訓練労働条件ニート臨時工白書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働白書の関連情報