コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働省 ろうどうしょう

6件 の用語解説(労働省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働省
ろうどうしょう

労働に関する行政を主管した国の行政機関国家行政組織法および労働省設置法による。労働者の福祉と職業の確保とをはかり,もって経済の興隆と国民生活の安定とに寄与するため,労働組合に関する事務,労働関係の調整,労働条件の向上,労働者の保護,労働者の安全および衛生の確保,女性の地位の向上,職業の紹介および指導,失業対策職業訓練に関する事務,技能検定,労働者災害保障保険事業雇用保険事業などの国の行政事務,事業を一体的に遂行する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろうどう‐しょう〔ラウドウシヤウ〕【労働省】

労働者の福祉と職業の確保など、労働問題に関する行政事務を担当した国の行政機関。昭和22年(1947)厚生省から分離して設置。平成13年(2001)厚生省と再び統合され、厚生労働省となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

労働省【ろうどうしょう】

1947年−2000年に存在した省。労働・職業関係事項および女性問題に関する事務を主管する中央行政機関。1947年に厚生省から分離して設置。外局として中央労働委員会地方支分部局として都道府県労働基準局労働基準監督署,女性少年室,公共職業安定所など。
→関連項目厚生労働省

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうしょう【労働省】

雇用や労働条件をはじめ国の労働行政を一体的に担当する行政機関。かつての労働行政は内務省,続いて厚生省労働局が担当していたが第2次世界大戦後における一連の制度改革と連動して1947年労働省が新設され,以後今日に及んでいる。その内部組織は大臣官房および労政局,労働基準局,女性局(労働省女性局),職業安定局職業能力開発局の5局からなっている。労政局は労働組合法労働関係調整法国営企業労働関係法等を所管するほか,労政や労働経済一般を担当している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろうどうしょう【労働省】

労働に関する事項を担当した国の行政機関。外局として中央労働委員会などが置かれた。1947年(昭和22)厚生省から分離して設置。2001年(平成13)中央省庁再編にともない、厚生労働省に移行。 → 厚生労働省

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労働省
ろうどうしょう

国家行政組織法(昭和23年法律120号)に基づき、労働省設置法によって設置された国の行政機関。2001年(平成13)1月の中央省庁再編で、厚生省と統合して厚生労働省に再編された。
 労働省は、労働者の福祉と職業の確保とを図り、もって経済の興隆と国民生活の安定とに寄与するために、所定の国の行政事務および事業を一体的に遂行する責任を負っていた。これらの行政事務および事業は、労働組合に関する事務をはじめ、労働条件の向上および労働者の保護、労働者の安全および衛生の確保、女性の地位の向上その他女性問題の調査および連絡調整、職業の紹介・指導その他労務需給の調整、失業対策、職業訓練に関する事務および技能検定、労働統計調査、その他労働者の福祉の増進および職業の確保、労働者災害補償保険事業、雇用保険事業などであった。
 労働省の組織は、内部部局として、大臣官房のほか、労政局、労働基準局、女性局、職業安定局、職業能力開発局が置かれていた。そのほか、産業安全研究所、産業医学総合研究所、労働研修所などの施設等機関、雇用審議会、労働保険審査会、中央労働基準審議会、労働者災害補償保険審議会、中央最低賃金審議会、女性少年問題審議会、中央職業安定審議会、障害者雇用審議会などの審議会等が設置されていた。地方支分部局として、都道府県労働基準局(47)、労働基準監督署(343)、都道府県女性少年室(47)、公共職業安定所(478)およびその出張所(109)などがあった。また、外局として、中央労働委員会が置かれていた。
 中央省庁再編により、2001年以降、労働省の組織は次のように再編された。内部部局に関して、大臣官房の有する機能のほとんどは、厚生労働省の大臣官房に引き継がれたが、その一部は厚生労働省の内部部局である政策統括官や労働基準局に引き継がれた。労政局については、厚生労働省の政策統括官、労働基準局および職業能力開発局に、労働基準局、職業安定局、職業能力開発局については、厚生労働省の内部部局である労働基準局、職業安定局、職業能力開発局にそのまま引き継がれ、女性局については、厚生省の児童家庭局と統合され、厚生労働省の雇用均等・児童家庭局に引き継がれた。審議会等に関しては、雇用審議会は、内閣府に設置された経済財政諮問会議に、中央労働基準審議会、労働者災害補償保険審議会、中央職業安定審議会、障害者雇用審議会、女性少年問題審議会は、厚生労働省に設置された労働政策審議会に、中央最低賃金審議会は、そのまま厚生労働省に引き継がれた。労働省の外局である中央労働委員会は、厚生労働省の外局として置かれ、従来の機能をそのまま引き継いだ。[福家俊朗・山田健吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働省の関連キーワード超過勤務手当労働日国際労働憲章児童労働労賃労務者被用者林業労働強制労働に関する条約労働に応じた分配

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働省の関連情報