コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労榦 ろうかん Láo Gàn

1件 の用語解説(労榦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうかん【労榦 Láo Gàn】

1907‐ 
中国現代の歴史学者。字は貞一。湖南省長沙の出身。北京大学で漢代史を専攻,1932年に中央研究院歴史語言研究所研究員となり,発見されたばかりの居延漢簡1万余点の整理と研究に取り組む。43年に全釈文と考証をまとめた《居延漢簡考釈》を出版,57年には図版冊を公刊し,その間多数の論文を発表して居延漢簡の研究に先鞭をつけた。そのほか古代史に関する研究も多く,著作集として《労榦学術論文集甲編》(1976)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労榦の関連キーワード繹史王鳴盛顧頡剛趙翼ベルンハイム歴史学石川忠雄史学野原四郎増井経夫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone