勘判(読み)かんぱん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 過去の例に照らし合わせて物事の是非を判定すること。考え合わせて判断すること。
※三代格‐二〇・寛平六年(894)一一月三〇日「所申不与解由状、勘解由使勘判訖」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android