コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧世良言 かんせいりょうげんQin-shi-liang-yan; Ch`üan-shih-liang-yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧世良言
かんせいりょうげん
Qin-shi-liang-yan; Ch`üan-shih-liang-yen

中国,清末のキリスト教入門書。プロテスタント宣教師 W.ミルンの教えを受けて改宗した梁阿発 (学善) により,道光 12 (1832) 年マラッカで編集,刊行された。ミルンが翻訳したキリスト教の教義と仏教思想が折衷され5巻にまとめられているが,文語,口語の入り交った文体で記され,難解である。太平天国の指導者洪秀全が広州で梁から与えられた『勧世良言』は,上帝の信仰を確立する際に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android