コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺繍帳 かじゅうじしゅうちょう

1件 の用語解説(勧修寺繍帳の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

勧修寺繍帳【かじゅうじしゅうちょう】

勧修寺に伝わる刺繍の《釈迦説法図》。法隆寺金堂の壁画に似た図柄で色彩も豊富。厚い平絹に鎖繍されたもので,盛唐時代の作とされるが,国産説もある。現在は奈良国立博物館蔵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

勧修寺繍帳の関連キーワード勧修寺経茂勧修寺常信勧修寺顕郷勧修寺宮済深法親王勧修寺御門跡寛俊繍仏勧修寺コーチングステッチ釈迦に説法リボン刺繍

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone