コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包晶点 ほうしょうてん peritectic point

1件 の用語解説(包晶点の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

包晶点

液相の組成が固相と平衡にある不変点(invariant point)で,固相の量では表すことができない[Edgar : 1974].この温度では二成分系では二固相と一液相が共存し,反応が完結するまで温度は一定のまま推移する[キンガリーほか : 1980].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包晶点の関連キーワード融点アゼオトロピー相図液相線液相面共役線コノード半分解不変点分解熔融点

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone