コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包晶点 ほうしょうてんperitectic point

岩石学辞典の解説

包晶点

液相の組成が固相と平衡にある不変点(invariant point)で,固相の量では表すことができない[Edgar : 1974].この温度では二成分系では二固相と一液相が共存し,反応が完結するまで温度は一定のまま推移する[キンガリーほか : 1980].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

包晶点の関連キーワード包析反応包晶温度

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android