コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学元素 カガクゲンソ

2件 の用語解説(化学元素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かがく‐げんそ〔クワガク‐〕【化学元素】

化学上の元素。他分野で用いる元素と区別する場合にいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化学元素の言及

【元素】より


【化学元素と単体】
 特定の原子番号(陽子数または核荷電数)によって規定される,物質構成の究極因子(原子種)を元素という。現在,原子番号から107に至る107種の元素が知られている(表1-I,II,III,IV,V)。…

【四大】より

…一方魔術では,各元素には固有の精霊が棲み,それを通じて四大から成る宇宙を支配しうると信じられた。化学元素錬金術【有田 忠郎】
【四大の変容】

[古代の元素観]
すべてのものが,何かある一つ二つのごく少数の原初的なものから生まれたという発想は,古くから各民族の考えの中にあった。しかし万物の根源を求める思想の萌芽とその開花が最も理論的に展開されたのは,古代ギリシアにおいてだった。…

※「化学元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学元素の関連情報