コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学冶金 かがくやきん

百科事典マイペディアの解説

化学冶金【かがくやきん】

化学的操作で鉱石から金属を取り出す技術。乾式製錬における鉄・銅鉱石の還元,湿式製錬における電解精製など,製錬の全過程が化学冶金の適用である。→冶金

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の化学冶金の言及

【冶金】より

…このような観点からの冶金の種々の側面を金属工学への案内という形で以下に紹介する。
[化学冶金chemical metallurgy]
 金属の化学的性質に関するすべての問題を取り扱うのが化学冶金であるが,歴史的には鉱石から金属を製造する製錬を意味していた。《涅氏冶金学》には〈噴気直立窯ニヨル冶銅術〉といった記述がある。…

※「化学冶金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化学冶金の関連キーワードおもなお雇い外国人バシコルトスタン森コンツェルンシュクートミー国際特許分類工部大学校岩瀬 慶三河上 益夫物理冶金新興財閥ベネチアトロントカフカスAEG森矗昶金属学エルー瀋陽烏海工学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android