コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学線 カガクセン

デジタル大辞泉の解説

かがく‐せん〔クワガク‐〕【化学線】

紫外線のこと。化学的反応を起こしやすいところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがくせん【化学線】

紫外線のこと。赤外線を熱線と呼ぶのに対して、紫外線は、感光作用などの化学作用が強いことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化学線の関連キーワード吸収線量化学作用赤外線熱線