コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北京五輪アジア予選 ぺきんごりんあじあよせん

知恵蔵の解説

北京五輪アジア予選

2008年開催の北京五輪出場権を得るための大陸別予選に、日本は07年2月に始まる2次予選(マレーシアシリア、香港―バングラデシュ勝者と同組)から参戦。2次予選を突破した計12チームは、最終予選(3組各4チーム)を行い、アジアの3カ国(開催国中国を除く)の出場枠を争う。今回の五輪世代(06年時点でのU‐21)を指揮するのは、元アルビレックス新潟の反町康治監督。A代表のオシム監督と連携をとり、指導方針に一貫性を保ちながら強化を図る。06年には日本、韓国、中国の3カ国がホーム・アンド・アウエー形式でのリーグ戦を実施する日中韓サッカーU‐21代表交流戦が行われた。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北京五輪アジア予選

アジアの出場枠は三つ。2次予選は24カ国・地域が6組に分かれ、ホーム・アンド・アウエー(H&A)方式で6試合を行い、各組上位2チームが最終予選に進む。最終予選は12チームが3組に分かれH&A方式で対戦し、各組の1位が北京五輪出場権を獲得する。中国は開催国枠で出場権を得ており、予選には参加しない。

(2007-02-28 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

北京五輪アジア予選の関連キーワードタン イェソ