コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連携 レンケイ

デジタル大辞泉の解説

れん‐けい【連携】

[名](スル)互いに連絡をとり協力して物事を行うこと。「他団体と連携して運動を進める」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんけい【連携】

( 名 ) スル
〔「連絡提携れんらくていけい」の意〕
連絡を密に取り合って、一つの目的のために一緒に物事をすること。 「 -プレー」 「父母と教師の-を密にする」 「関係諸機関が-して研究開発を行う」 〔同音語の「連係・連繫」は物事と物事、人と人との間のつながりのことであるが、それに対して「連携」は連絡を取り合って一緒に物事を行うことをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

連携の関連キーワード東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構エコノミーパートナーシップアグリーメントubiquitous network東アジア地域の包括的経済連携カブリ数物連携宇宙研究機構mushroom appsインターオペラビリティー関西広域連合の医療施策インターネットアクオス官民パートナーシップ産学官連携ジャーナル地域連携推進研究費AirTunes治験拠点医療機関特定原産地証明書産学官の道しるべリエゾン精神医学里親を求める運動出版デジタル機構Woooリンク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連携の関連情報