コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連携 レンケイ

デジタル大辞泉の解説

れん‐けい【連携】

[名](スル)互いに連絡をとり協力して物事を行うこと。「他団体と連携して運動を進める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんけい【連携】

( 名 ) スル
〔「連絡提携れんらくていけい」の意〕
連絡を密に取り合って、一つの目的のために一緒に物事をすること。 「 -プレー」 「父母と教師の-を密にする」 「関係諸機関が-して研究開発を行う」 〔同音語の「連係・連繫」は物事と物事、人と人との間のつながりのことであるが、それに対して「連携」は連絡を取り合って一緒に物事を行うことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連携の関連キーワード東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構エコノミーパートナーシップアグリーメントubiquitous network内閣官房情報セキュリティーセンター東アジア地域の包括的経済連携mushroom appsカブリ数物連携宇宙研究機構インターオペラビリティー関西広域連合の医療施策産学官連携ジャーナル官民パートナーシップがん診療連携拠点病院がん対策情報センター連携中枢都市圏構想地域連携推進研究費産学官の道しるべWoooリンク中部圏戦略会議地域間連携設備REALINK

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連携の関連情報