連携(読み)レンケイ

大辞林 第三版の解説

スル
連絡提携れんらくていけいの意
連絡を密に取り合って、一つの目的のために一緒に物事をすること。 -プレー 父母と教師の-を密にする 関係諸機関が-して研究開発を行う 同音語の連係・連繫は物事と物事、人と人との間のつながりのことであるが、それに対して連携は連絡を取り合って一緒に物事を行うことをいう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 互いに連絡をとりながら物事を行なうこと。手をたずさえて物事をすること。
※日本国との平和条約(1952)前文「主権を有する対等のものとして友好的な連携の下に協力する国家の間の関係でなければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連携の関連情報