リーグ戦(読み)リーグセン

デジタル大辞泉の解説

リーグ‐せん【リーグ戦】

すべての参加チームまたは参加者が、少なくとも1回は他のすべての相手と対戦する試合方式。総当たり戦。→トーナメント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

リーグ戦【リーグせん】

順位決定方法の一つ。競技に参加した個人またはチームが,他のすべての個人またはチームと対戦する競技形式。いわゆる総当り戦。勝敗数,勝ち点,勝率,得失点差などあらかじめ定められた方法で順位を決定する。参加者が多い場合には日程的に困難で,トーナメント形式がとられる。
→関連項目ホーム・アンド・アウェー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リーグせん【リーグ戦 league match】

競技における順位決定方法の一つ。リーグ(連盟)を結成しているチームが総当りで試合し,勝敗数,勝ち点,あるいは勝率など,あらかじめ定められた方法で選手権を争う。日本の東京六大学野球やプロ野球,アメリカの大リーグ,ヨーロッパ各国のサッカーなど,スポーツ競技ではプロ,アマチュアを問わずさかんに用いられる。以上のような本来的意味に加えて,総当り戦によってグループ内の順位を決める場合も,リーグ戦という表現を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーグ戦
りーぐせん
league-match

各種の競技連盟(協会)が、加盟のチームに対して一定の期日、期間を定めて、相互に同一の試合数で試合を行う形式をいう。対抗戦に対する。たとえば、東京六大学野球リーグでは、同連盟が六大学相互に総当りで2ないし3回戦(1勝1敗になった場合)のゲームが行われている。リーグ戦によって順位を決めるという試合形式は、勝率の算出が容易で、最近はサッカーのJリーグ、バレーボールのVリーグなど多くのプロ・全国レベルのリーグ戦も組まれている。プロ野球も代表的リーグ戦形式である。リーグ戦はどちらかといえばアメリカ式で、ヨーロッパでは対抗戦形式が多い。[深川長郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リーグ戦の関連情報