北欧デザイン(読み)ほくおうでざいん(英語表記)Scandinavian design

知恵蔵の解説

北欧デザイン

スウェーデン、デンマークノルウェーフィンランドの北欧諸国のデザインの総称。1950年代から60年代ごろ隆盛、世界的な評価を得る。戦後のモダン・デザインにおいて最もポピュラーな存在となり、その人気は現在でも続いている。木工、ガラス、陶芸など伝統の工芸文化をベースとする、控えめながらデザイナーの個性溢れる豊かなデザイン表現が特徴。代表的なデザイナーとして、アルネ・ヤコブセン、ハンス・ウェグナーなど。メーカーとしては、自動車のボルボサーブ陶磁器のロイヤル・コペンハーゲン、オーディオ家電のバング・アンド・オルフセンなどが挙げられる。

(武正秀治 多摩美術大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北欧デザインの関連情報