北爪九蔵(読み)きたづめ くぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北爪九蔵 きたづめ-くぞう

?-? 江戸時代前期の名主。
上野(こうずけ)(群馬県)の人。高崎宿にすみ,名主となる。慶長20年(1615)大坂夏の陣では,城下四人衆のひとりとして高崎藩主酒井家次にしたがい,天王寺合戦一番乗り武功をたてる。のち町名主となり,城下の居住地に九蔵町の名をあたえられ,諸役を免除されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android