区分所有建物(読み)くぶんしょゆうたてもの

損害保険用語集の解説

区分所有建物

分譲マンション等のように、「構造上区分された数個の部分で独立した住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができる」一棟の建物で、その各部分が、それぞれ所有権の目的とされているものをいいます。この区分所有建物は、「建物の区分所有等に関する法律」に基づき規制されています。

出典 自動車保険・医療保険のソニー損保損害保険用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

くぶんしょゆう‐たてもの〔クブンシヨイウ‐〕【区分所有建物】

構造上複数の部分に区切られ、その各部分が独立して住居・店舗・事務所・倉庫等の用途に供される建物。分譲マンションなど。区分建物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android