店舗/店鋪(読み)テンポ

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐ぽ【店舗】

〘名〙 商品をならべて売るための建物。みせ。たな
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「学識は、利の為に、衒売する店舗(〈注〉ミセ)にあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の店舗/店鋪の言及

【棚∥店】より

…室町・戦国期にも,狂言《鍋八撥》に新市の〈一の店(たな)に着いた者を末代まで仰せ付けらりょう〉とあるように,店には市座の営業権が付随していた場合が多い。店(みせ)【脇田 晴子】 室町末期から江戸初期になると,家屋の街路に面した〈みせ〉部分そのものを開放して,客を中に入れる店舗形態が主流となり,《洛中洛外図》には店内の畳の上に商品を並べているようすがみられる。こうして,江戸時代に入ると〈たな〉は表通りに店舗を出す商店の意味でも使われるようになった。…

※「店舗/店鋪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android