コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

店舗/店鋪 テンポ

1件 の用語解説(店舗/店鋪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てん‐ぽ【店舗/店×鋪】

商品を並べて売るための建物。みせ。「―を広げる」「大型―」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の店舗/店鋪の言及

【棚∥店】より

…室町・戦国期にも,狂言《鍋八撥》に新市の〈一の店(たな)に着いた者を末代まで仰せ付けらりょう〉とあるように,店には市座の営業権が付随していた場合が多い。店(みせ)【脇田 晴子】 室町末期から江戸初期になると,家屋の街路に面した〈みせ〉部分そのものを開放して,客を中に入れる店舗形態が主流となり,《洛中洛外図》には店内の畳の上に商品を並べているようすがみられる。こうして,江戸時代に入ると〈たな〉は表通りに店舗を出す商店の意味でも使われるようになった。…

※「店舗/店鋪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone