十三七(読み)じゅうさんななつ

精選版 日本国語大辞典 「十三七」の意味・読み・例文・類語

じゅうさん‐ななつジフサン‥【十三七】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( 「お月さまいくつ、十三七つ、まだ年ぁ若いな」のわらべうたから ) 十三夜七つ時(午後五時前後)の出てまもない月のことで、まだ若い意。
    1. [初出の実例]「九月十三夜深更に。お月さまやいくつ十三七つ時〈吉時〉」(出典:俳諧・崑山集(1651)一〇)
  3. ( 「一三」と「七」の和が二〇になるところから ) 二〇歳をいうしゃれ。
    1. [初出の実例]「『わしゃハア、お月様のとしだよ』『ムム十三七ツではたちといふことか。でへぶおしゃれだの』」(出典:滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android