十三七(読み)じゅうさんななつ

精選版 日本国語大辞典「十三七」の解説

じゅうさん‐ななつ ジフサン‥【十三七】

〘名〙
① (「お月さまいくつ、十三七つ、まだ年ぁ若いな」のわらべうたから) 十三夜の七つ時(午後五時前後)の出てまもない月のことで、まだ若い意。
※俳諧・崑山集(1651)一〇「九月十三夜深更に。お月さまやいくつ十三七つ時〈吉時〉」
② (「一三」と「七」のが二〇になるところから) 二〇歳をいうしゃれ。
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「『わしゃハア、お月様のとしだよ』『ムム十三七ツではたちといふことか。でへぶおしゃれだの』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android