十三回忌(読み)じゅうさんかいき

精選版 日本国語大辞典「十三回忌」の解説

じゅうさんかい‐き ジフサンクヮイ‥【十三回忌】

〘名〙 の死後満一二年、死んだ日から数えて一三回目の当日。また、その日に行なう法事
実隆公記‐文明一六年(1484)正月一四日「当年十月亡母十三回忌之間、自今月連々小作善丹心者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十三回忌」の解説

じゅうさん‐かいき〔ジフサンクワイキ〕【十三回忌】

人の死後満12年、数えて13年目の忌日。また、その日に行う法事。十三年忌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「十三回忌」の解説

十三回忌
(通称)
じゅうさんかいき

歌舞伎浄瑠璃の外題。
元の外題
夕霧十三回忌
初演
元禄3(大坂・荒木座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android