コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三回忌 ジュウサンカイキ

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐かいき〔ジフサンクワイキ〕【十三回忌】

人の死後満12年、数えて13年目の忌日。また、その日に行う法事。十三年忌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうさんかいき【十三回忌】

死後満12年、死んだ日から数えて一三回目の回忌。十三年忌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十三回忌の関連キーワード吉田文吾(2代)並木正三一代噺おさん/茂兵衛牧冬映(2代)尭延入道親王新古演劇十種梢付き塔婆宇都宮貞綱永日庵其律幾暁庵雲蝶大経師昔暦堀尾金助母清原良賢丹羽以之大場寥和寿成門院村瀬湖十住友友信観世華雪横川景三

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三回忌の関連情報