十三回忌(読み)ジュウサンカイキ

大辞林 第三版の解説

じゅうさんかいき【十三回忌】

死後満12年、死んだ日から数えて一三回目の回忌。十三年忌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうさんかい‐き ジフサンクヮイ‥【十三回忌】

〘名〙 人の死後満一二年、死んだ日から数えて一三回目の当日。また、その日に行なう法事。
※実隆公記‐文明一六年(1484)正月一四日「当年十月亡母十三回忌之間、自今月連々小作善丹心者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三回忌の関連情報