コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法事 ほうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法事
ほうじ

もと仏教に関する事柄,仏の教えを宣揚することを意味したが,のち死者追善供養のために行う仏事の意となり,転じてもっぱら死者の年忌に営む仏事をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐じ〔ホフ‐〕【法事】

死者の追善供養のために行う仏事。特に、四十九日まで7日目ごとに行うものや年忌をいうことが多い。法要

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葬儀辞典の解説

法事

仏や、先祖の霊を供養すること。死後、初七日から四十九日まで七日ごと、月忌、新盆、百ヵ日、年忌法要など節目ごとに行います。僧侶に読経をお願いし、親族や故人の近親者を招いて故人を偲び、会食を行います。=法要

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

のりごと【法事】

ほうじ【法事】

死者の追善供養のために行う仏教の行事。死後49日目、また年忌などに行う。法要。法会。のりごと。 〔元来は、仏教の行事・儀式を広くさす語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法事
ほうじ

本来は仏法を宣揚することや修行の意味で、法会(ほうえ)、斎会(さいえ)、法要と同じく仏教行事をさす。インドの原始仏教のころから盛んに行われ、日本では平安時代以後、善根を積んだり追福(ついぶく)のために仏や菩薩(ぼさつ)・僧侶(そうりょ)を供養(くよう)する意味に用いられた。江戸時代になると、もっぱら死者の菩提(ぼだい)を弔うために読経(どきょう)供養する忌日(きにち)法要をいうようになり、宮中の法事の役を「法事伝奏(でんそう)」、徳川家の忌日法要があった場合の特赦を「法事の赦」とよんだ。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法事の言及

【年忌】より

…毎年まわってくる死者の祥月(しようつき)命日のこと。回忌ともいう。この日に死者供養の仏事が行われる。一周忌,三回忌,七回忌,十三回忌,十七回忌,二十五回忌,二十七回忌,三十三回忌,五十回忌,百回忌とある。通常は三十三回忌で終わるが,真宗地帯では五十回忌,百回忌もしている。最終年忌を〈弔い上げ〉といい,これ以後,仏事をすることがない。年忌は持統天皇の時以来記録に出てくる。ただし,奈良時代は一周忌で終わっていた。…

※「法事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法事の関連キーワード人の褌で相撲を取る四十九餅・四十九餠結構を尽くす貧僧の重ね斎三十三回忌献杯・献盃十七回忌十三回忌ありんす不祝儀袋三十五日あべい出世者人の業百箇日三回忌七回忌五具足一年忌菩提寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法事の関連情報