十三鉄漿(読み)じゅうさんがね

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうさん‐がね ジフサン‥【十三鉄漿】

〘名〙 女子の一三歳の祝儀。女子は一三歳になると大人になったしるしとして、初めて鉄漿(てっしょう)(おはぐろ)を親戚知人など七軒からつけてもらった。七所鉄漿(ななところかね)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の十三鉄漿の言及

【十三参り】より

…13歳は干支の2順目にあたり,とくに女子では初潮とも関連して最初の厄年になっている地方も多い。かつては十三鉄漿(がね)といい,この歳にお歯黒をつける風もあった。十三参りには初めて本裁の着物を着るように,もとは地域の成人儀礼だったものが,知恵増進,開運,13に関係深い虚空蔵信仰に結びつき寺の行事となったと考えられる。…

※「十三鉄漿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android