コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄漿 カネ

8件 の用語解説(鉄漿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かね【鉄漿】

お歯黒に用いる液。茶の汁や酢、酒に鉄片を浸して酸化させたもの。おはぐろ。

てっ‐しょう〔‐シヤウ〕【鉄×漿】

鉄を水に浸して作った黒い液。染料などに用いた。
おはぐろ。かね。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄漿【かね】

歯を黒く染める習俗。お歯黒ともいう。鉄くずを焼いて濃い茶に浸し,酒などを加えて発酵させた液で染める。古くは女性の慣習であったが,中世には上層の武士の間で一般化した。
→関連項目成年式前帯

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かね【鉄漿】

歯を黒く染める染歯の慣習で,御歯黒のこと。鉄漿付けとか,古くは歯黒めなどとも呼ばれた。鉄漿付けに必要な鉄漿は,茶とか米のとぎ汁の中に古釘や折れ針などの鉄くずを入れて作られた。色つやを出すために酢,酒,飴なども混ぜ,さらに付きをよくするため,ヌルデの木の若葉に着く五倍子粉(ふしのこ)も合わせて用いられた。毎日,温めた鉄漿と五倍子粉とを,混ぜるかあるいは交互に筆で歯へぬりつけるもので,鉄漿沸し,鉄漿坏,鉄漿付け筆(歯黒筆)などの鉄漿付け道具があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かね【鉄漿】

御歯黒おはぐろの液。 「 -をつける」

てっしょう【鉄漿】

鉄を長く水に浸して得る黒い汁。黒色の染料とするほか、薬用とした。
かね(鉄漿) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄漿
かね

お歯黒」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄漿
かね

お歯黒(はぐろ)のこと。鉄屑(てつくず)を焼いたものを濃い茶の中に入れ、これに五倍子(ふし)の粉を加えてその液で歯を染める。この中に酒、飴(あめ)、粥(かゆ)を加えることもあるのは、口中に入れるものゆえ、不快さを和らげて使いやすくするためであった。ごく普通の家の女は、いろりの隅に小さな壺(つぼ)を用意して濃い茶を入れておき、その中にたき火の中の古釘(ふるくぎ)などの鉄屑を入れて金けを出しておいた。これに五倍子の粉を加え、前に述べたようなものを加えて温めて歯につけた。道具としては、鳥の羽を束ねたものや、楊(やなぎ)の木の細い枝の先を細かく砕いて繊維を刷毛(はけ)のようにしたものを使った。武家などでは耳盥(みみだらい)とよぶ器具を使うこともある。
 この鉄漿付けの風習がいつの時代に始まったかはつまびらかでないが、平安時代の貴族の間で行われていたことは『源氏物語』や『枕草子(まくらのそうし)』にもみえるし、源平時代には男子も鉄漿をつけていた者のあったことは戦記物のなかにもみえる。江戸時代に至って一般庶民の婦人のなかに行われるようになったが、男子のほうはすでに廃れていたらしい。毎朝の身だしなみとして髪を結い、鉄漿をつける女もあった。
 鉄漿付けは元来成女のしるしで、いわば結婚可能の女であるということを社会的に披露する意味があって、「十三がね」とか「十三祝い」ということばがあるように、多くの場合初潮を機につけたものである。時代を下るにしたがって、しだいに遅くなる傾向があり、「十七がね、十八がね」のことばもある。初めてつけるときには、鉄漿親(かねおや)という仮親を決めて指導を頼んだ。頼まれた親のほうでは鉄漿付け用具を贈り、娘は鉄漿娘とか筆子(ふでこ)などとよばれ、この仮の親子関係は生涯続いた。とくに結婚に際しては、嫁のほうの世話役として重要な位置を占めた。後代、鉄漿付けの風習がなくなっても、仲人(なこうど)のほかに鉄漿親と称する仮親を頼む風習が現在も残っている地域も多い。鉄漿付けの初めには、ナナトコガネと称して7軒の家から鉄漿をもらい集めて用いるという風習もあった。鉄漿付けの年齢は前述のように遅れてきたが、さらに結婚の決まったときとか、結婚した翌日とか、あるいは妊娠してからというように延引してきたが、「赤子に白歯を見せるものではない」などという言い習わしもできて、子供の生まれるときに歯染めをする例もある。結婚しない婦人でも鉄漿をつけることがあって、福井県では30歳になってつけたが、これをヒロイガネとよんでいる。明治以後法令でこれを禁じたが、民間の慣習は根強く残って、大正時代に入ってもまれにはお歯黒をした老女をみることがあった。[丸山久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉄漿の言及

【化粧】より

…【鍵谷 明子】
【歴史】

[日本]
 化粧は仮粧とも書き,〈けしやう(けしよう)〉〈けさう(けそう)〉〈けはひ(けわい)〉などと呼んだが,時代によって意味する範囲が多少異なっていた。平安初期以後の文学作品に見られる〈けしやう〉〈けさう〉は,紅,白粉(おしろい),鉄漿(かね)をつけることから身づくろいまでを含む広い意味をもっていた。また〈心けさう〉という使われ方にもうかがわれるように,精神的な分野にまで及んでいた。…

【歯】より

…なお,《古事記》応神天皇の段に載る歌謡には歯並びをシイやヒシの実にたとえた,〈歯並(はなみ)は椎菱(しいひし)なす〉という句がみえる。歯を黒く染める風習は日本古来のもので,成人女性(《枕草子》《源氏物語》《紫式部日記》《堤中納言物語》など)だけでなく,後には平忠度(たいらのただのり)や平敦盛などの平家の公達(きんだち)(《平家物語》《源平盛衰記》など)や源義経(《義経記》)も鉄漿黒(かねぐろ)にした。男性が歯を黒く染めたのは聖徳太子に始まるという説(《関秘録》)もあるが,多くの書は鳥羽院のころ(12世紀)からと述べている。…

※「鉄漿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄漿の関連キーワード御歯黒親御歯黒壺・御歯黒壷御歯黒溝御歯黒花白歯涅歯御歯黒御歯黒壺鉄漿黒鉄漿染

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄漿の関連情報