コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二使徒の教え じゅうにしとのおしえDidachē kyriou dia tōn dōdeka Apostolōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二使徒の教え
じゅうにしとのおしえ
Didachē kyriou dia tōn dōdeka Apostolōn

ディダケともいう。1~2世紀頃の新約聖書外典の一つ。正典外原始キリスト教文献中最も重要。エウセビオスアタナシウスヒエロニムスなど初代教父はしばしばこれを引用していたが,その後失われ,クラウツキーは種々の原典の比較照合からこれを再構成した。 1875年ニコメディアの大主教フィロテオス=ブリュエンニオスが 11世紀に書かれた小文字ギリシア語写本を発見,全文が確定した。その後ギリシア語,コプト語,シリア語,アラム語などの断片も発見された。全編 16章3部より成る。第1部では「生命の道」と「死の道」という2つの道を通じて信仰が説かれ,第2部は典礼規定,教会規定,放浪宣教者の処遇,第3部は小黙示録的な記録である。使徒後教父時代のものであるが,成立年代には各説 (80~100年,120~130年,160年) があり,著者も不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十二使徒の教えの関連キーワードディダスカリア主の祈り使徒教父

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android