コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六六指/十六武蔵 ジュウロクムサシ

デジタル大辞泉の解説

じゅうろく‐むさし〔ジフロク‐〕【十六六指/十六武蔵】

紙製の盤の中央に親石1個を置き、その周囲に16個の子石を並べ、勝負を争う遊戯。親石は2個の子石の間に入れば、その両方を取ることができ、子石は親石を盤の隅に追い詰めれば勝ちとなる。牛追いにっさ。さすがり。弁慶むさし。むさし。 新年》「幼きと遊ぶ―かな/虚子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十六六指/十六武蔵の言及

【十六むさし】より

…室内遊戯の一つ。〈十六六指〉〈十六武蔵〉などとも書く。往昔には単に〈むさし〉とも呼び,〈六指〉〈八道〉の文字を当てた。…

※「十六六指/十六武蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

十六六指/十六武蔵の関連キーワード十六むさし十六武蔵牛部屋六指

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android