十分なればうちこぼす(読み)じゅうぶんなればうちこぼす

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうぶん【十分】 =なれば うちこぼす[=は こぼるる]

容量いっぱいに入れるとこぼれやすいところから、何事もほどほどにしておかないと失敗するというたとえ。満は損を招く。
中華若木詩抄(1520頃)中「爛漫とは、はらりと花がさき乱れて、一片でまりさきのこらぬ也。〈略〉それほどなれば、やがてちるぞ。十分なれば、打こぼす道理ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android