はらり

精選版 日本国語大辞典「はらり」の解説

はらり

〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 軽い物が他の物にかすかに当たったり落ちたりするさまを表わす語。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「鏑はざっとわれてはらりと落」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「プロマイドの写真がハラリと膝の上に落ちた」
② 髪などが乱れてさがったり広がったりするさまを表わす語。
※日本書紀兼倶抄(1481)「このほとむすぶをはらりと御ときあるぞ」
たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉八「はらりと下る前髪の毛を」
③ 軽く素早い動作や動きを表わす語。
※曾我物語(南北朝頃)一「右の折骨二つ三つ、はらりといければ」
④ いっせいに動くさまを表わす語。〔運歩色葉(1548)〕
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)千里が竹「物ないはせそ討ちとれと、一度に剣をはらりとぬく」
⑤ 例外なくその状態であるさまを表わす語。残るところなく。まったく。すっかり。ぱらりばらり
※サントスの御作業(1591)二「シチニン ノ コ ノ キヅナ ヲ イチド ニ fararito(ハラリト) キリ タマウ ナリ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「はらり」の解説

はらり

[副]
軽いものが落ちたり垂れ下がったりするさま。「はらりと写真が落ちる」「涙がはらりとこぼれる」「髪がはらりと顔にかかる」
動作が軽く、すばやいさま。
「―と気早に立って」〈鏡花婦系図
まったく。また、すっかり。
「主人たる人の心と、下男の心と、ものごと―と違ひて」〈醒睡笑・一〉
[類語](1ちょろりちょろちょろちょびちょびちょぼちょぼちびちびちびりちびりぽつぽつたらりほろりびらびらぴらぴらひらりひらりはたはたゆらゆらゆさゆさちらりほらりぱらぱらふわふわひらひらひらり片片へんぺんぼとぼとぼたぼたぽたぽたほろほろぽろぽろぽとぽとぼろぼろたらたらだらだらはらはらばらばらぽろりほたほたぽつりぽつりぽつりぽつんぱらりぽたりどくどくとくとくしたたりだくだくぽとり滴る滴り落ちる垂らす垂れるこぼれるほとばしるあふれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android