コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十編の菅薦 トフノスガゴモ

デジタル大辞泉の解説

とふ‐の‐すがごも【十編の×薦】

《「ふ」は編み目の意》編み目が十筋あるすがごも
「真菰(まこも)にまれ、…菅薦にまれ、ただあらむを貸し給へ。―な給ひそ」〈堤・由無し事

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とふのすがごも【十編の菅薦】

〔「ふ」は編み目の意〕
編み目が一〇の、菅で編んだむしろ。東北地方で産した。 「今も年々-を調へて国守に献ず/奥の細道」
〔古歌の「みちのくの十編の菅薦七婦ななふには君をしなして三編みふに我寝ん」をふまえて〕 男のそばに女が添いふすこと。 「 -七婦には、君の御寝姿を見て、夢も結ばず/浮世草子・男色大鑑 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十編の菅薦の関連キーワード十編・十布・十符浮世草子菅薦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android