古歌(読み)ふるうた

精選版 日本国語大辞典「古歌」の解説

ふる‐うた【古歌】

〘名〙 古人のよんだ歌。古い時代の歌。ふるい歌。こか。
古今(905‐914)雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのながうた」

こ‐か【古歌】

〘名〙 古い歌。古人の詠歌。
万葉(8C後)一六・三八二二「古歌曰 橘の寺の長屋に我が率寝し童女放りは髪上げつらむか」 〔白居易‐楊柳枝詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古歌」の解説

ふる‐うた【古歌】

古い時代の歌。古人の詠んだ歌。こか。
「―奉りし時の目録のその長歌」〈古今・雑体・詞書〉

こ‐か【古歌】

古いうた。昔の人の作った和歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android