コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千曲川のスケッチ チクマガワノスケッチ

大辞林 第三版の解説

ちくまがわのスケッチ【千曲川のスケッチ】

随筆・小品集。島崎藤村作。1912年(大正1)刊。信州小諸の千曲川流域の自然と農村生活の断面を記録したもの。詩人藤村から小説家への転換を示す時期の執筆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千曲川のスケッチの関連キーワードさくを切る談論風発日に日にはたはたぺろぺろ小説家散ける傾げる賞する胴間声縮上る薄白い玉水往来通い閑散潤み遠近執筆跋渉

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android