コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千曲川のスケッチ チクマガワノスケッチ

デジタル大辞泉の解説

ちくまがわのスケッチ〔ちくまがはの‐〕【千曲川のスケッチ】

島崎藤村の随筆小品集。大正元年(1912)刊。千曲川のほとり、長野県小諸(こもろ)地方の風土と、そこに生きる人々の生活を寸描したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくまがわのスケッチ【千曲川のスケッチ】

随筆・小品集。島崎藤村作。1912年(大正1)刊。信州小諸の千曲川流域の自然と農村生活の断面を記録したもの。詩人藤村から小説家への転換を示す時期の執筆。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

千曲川のスケッチの関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史大正准州ヤマサキバーブ明治天皇ジゴマ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone