千束善右衛門(読み)ちづか ぜんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千束善右衛門 ちづか-ぜんえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の武士。
小西行長の家臣。慶長の役ののち肥後(熊本県)天草郡にすむ。寛永14年(1637)領主松倉氏の過酷な徴税とキリシタン弾圧に対して蜂起した農民とともに島原の乱にくわわり,原城で戦死した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android