千里の野辺に虎の子を放つがごとし(読み)せんりののべにとらのこをはなつがごとし

精選版 日本国語大辞典の解説

せんり【千里】 の 野辺(のべ)に虎(とら)の子(こ)を放(はな)つがごとし

(勇猛なを自由にふるまえる場に放つ意から) 害を及ぼす恐れのある者を放置しておいて、後のわざわいを残すことのたとえにいう。虎を千里に放つ。千里が野辺虎の子を養うがごとし。
源平盛衰記(14C前)一七「頼朝を東国へ流し遣はしけるは〈〉喩へば盗にを預け、千里(リ)の野(ノ)に虎(トラ)を放(ハナ)ちたるが如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる