コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半自形 はんじけいhypidiomorphic, subhedral

岩石学辞典の解説

半自形

火成岩の造岩鉱物粒で,粒の一部のみが鉱物特有の結晶面で囲まれたもの.自形と他形の中間である[Rosenbusch : 1887].わずかに幾何学的な外形が分かる場合である.subhedral, hypautomorphicなどはいずれも半自形といい同じ意味である.ギリシャ語でhypoは英語のunderの意味.subhedralは変成岩で特に斑状変晶がその結晶特有の適当なよい形といくつかの結晶面をもつ場合にも用いる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

半自形の関連キーワードブラストハイプイディオモルフィック組織サブイディオブラスティック組織ハイプイディオブラストハイプイディオトピックミアロリティック組織アポグラフィック組織オフィティック組織アイソグラニュラーアノテリック花崗岩ディトゥロ閃長岩デカッセイト組織半自形粒状組織微花崗岩質組織半自形等粒組織花崗岩状組織エセックス岩フォイア岩石英閃緑岩ノーライト花崗岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android