結晶面(読み)けっしょうめん(英語表記)crystal face

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結晶面
けっしょうめん
crystal face

結晶の外形をつくる平滑な面。理想的に成長した結晶では一定の種類の結晶面が現れる。結晶面の間には面角安定の法則が成り立ち,面角を測定することにより結晶をつくる物質の同定ができる。結晶面は簡単なミラー指数で表わされ,有理指数の法則が成り立つ。結晶の中では原子は空間格子に沿って配列しているが,原子が比較的密に並んだ面が結晶面として表面に現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けっしょうめん【結晶面】

結晶の外形をつくる面。結晶格子の規則性により、一定の幾何学的法則をもっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の結晶面の言及

【結晶】より

…そのために,水晶は氷(ギリシア語でkrystallos)と同じとみられ,これがcrystal(水晶,結晶)の語源である。
[面角一定の法則]
 前述の水晶の結晶が六角柱の形をとるように,結晶は,平面で囲まれた形をとることができるのがその特徴であって,これらの平面のおのおのを結晶面という。同じ種類の結晶面でも,結晶ができたときの環境次第で,互いに異なった大きさになることがある。…

※「結晶面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android