協力レファレンスサービス(読み)きょうりょくれふぁれんすさーびす(英語表記)cooperative reference service

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

図書館間での一定の協定に基づき,利用者の質問を協定先図書館のレファレンス担当者に照会し,回答を得る形で行われる情報サービス.協力レファレンスともいう.利用者自身を協定先図書館に紹介することも含まれる.図書館協力の一つで,各図書館の主題の弱い面を補い,レファレンスサービスの質を向上させるために行われる.レファレンス事例をデータベースに蓄積し共同利用しようとする試みも始まっている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android