コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南宋官窯(読み)なんそうかんよう

百科事典マイペディアの解説

南宋官窯【なんそうかんよう】

中国南宋時代,都のあった浙江省杭州に設営された青磁の窯。宮廷御用品も注文に応じて焼成した官窯。文献上は,〈修内寺(しゅうないじ)官窯〉〈郊壇下(こうだんか)官窯〉がその官窯に相当すると伝えられるが,後者の窯址のみが烏亀山山麓に確認されている。作品は,薄い黒灰色の素地に,青みのある青磁釉を高台内側まで数層に掛けた丁寧な作りで,その釉に〈二重貫入〉の走る作例もある。器物の口縁の釉が薄くなり,高台の裾部分に素地が現れている様子は〈紫口鉄足(しこうてっそく)〉とも形容され賞美される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南宋官窯の関連情報