コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官窯 かんようguan-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官窯
かんよう
guan-yao

中国宮廷直属の陶磁。宋代の官窯が優秀な陶磁器を焼いたことで著名。北宋代には汝窯 (じょよう) があり,多く青磁が作られた。南宋代に入って浙江省杭州に修内司窯郊壇窯が築かれた。景徳鎮窯は北宋代から築窯されているが,明・清代まで存続。日本でも平安時代猿投 (さなげ) 窯,江戸時代の各藩の御用窯がこれに類する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐よう〔クワンエウ〕【官窯】

中国で、宮廷で用いる陶磁器を製造した政府の陶窯。また、そこで焼いた陶磁器。狭義には、すぐれた作品の多い宋代の青磁をさす。日本では江戸時代の藩窯がこれにあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんよう【官窯 Guān yáo】

一般に民窯に対するものとしての官窯は,権力者,政府などが管理した陶窯のことで,中国の景徳鎮官窯をはじめ,韓国の広州官窯,日本の鍋島藩窯など,さまざまの性格のものがある。狭義の官窯は,宋時代に宮中の御用品としての青磁を焼いた,いわゆる宋官窯のことで,北宋官窯・汝窯(汝官窯)・南宋官窯(修内司窯・郊壇窯)がこれに当たる。その製品は中国の最もすぐれた青磁として喧伝され,竜泉窯その他でさかんに模倣が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんよう【官窯】

中国の宮廷の窯かま。また、そこで製造した焼き物。柴窯・越州窯・景徳鎮窯などが名高い。日本では、平安時代の尾張産の朝廷用瓷器じき、また江戸時代の各藩の御用窯をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官窯
かんよう

政治支配者が築いた陶窯。殖産興業を目ざす官窯と、高級な美術性の高い宮廷御器(ぎょき)を焼造する官窯とに大別される。陶業がもっとも進歩した中国において、官窯の性格はいちばんよく表れているが、古代の官窯はすべて不詳である。現今、官窯を問題とする場合は、御器を焼く官窯であり、宋(そう)代の官窯が中心テーマとなる。その始源は五代の後周(こうしゅう)王朝の柴窯(さいよう)と目されているが、その実体は不明。大中祥府9年(1016)記銘のある『薛英(せつえい)行程録』には、遼(りょう)の国内に官窯が設けられていたという記事があり、それ以前に開かれていたのであろう北宋の官窯に倣って、遼にも官窯が築かれていたと思われる。北宋官窯の窯址(ようし)は不明であるが、南宋時代の官窯は、都のあった杭州(こうしゅう)に開かれた。烏亀(うき)山の山麓(さんろく)に郊壇下官窯が発見されているが、文献のいう修内司官窯址はまだ判明していない。宋代の官窯は青磁窯であったが、明(みん)代になると江西省の景徳鎮(けいとくちん)窯に永楽年間(1403~24)に官窯が設けられて、白磁、染付、色絵を中心として作陶され、清(しん)朝も1680年(康煕19)に景徳鎮に官窯を開いた。朝鮮半島では李朝(りちょう)時代の広州窯(京畿道(けいきどう)所在)が正しい官窯であり、日本では江戸時代になって鍋島(なべしま)藩が築いた大河内(おおかわち)窯をはじめ、各藩の藩窯が官窯にあたる。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の官窯の言及

【陶磁器】より

…唐三彩は8世紀の初めに集中的につくられ,中唐以降は姿を消すといわれるが,晩唐,宋代に三彩として継承されていく。
[宋,元]
 晩唐,五代には越州窯で〈秘色青磁〉といわれる良質の青磁をつくり上げ,五代十国の一つ呉越の銭氏王室に〈貢瓷〉として銭氏の保護の下に官窯的色彩をもった窯となった。またこのころ越州窯青磁は重要な輸出陶磁として日本や朝鮮,東南アジア,西アジアに広く輸出された。…

【民窯】より

…民間人が営利を目的に築いた窯で,庶民の需要をみたしたものをいい,官窯に対する呼称である。しかし〈民窯〉の名が実際に使われるようになったのは,昭和初年,柳宗悦らが民芸運動の中で用いて以来で,柳らによれば,用に即し,かつ大量生産が可能な素朴な造形と低廉な価格の,日常雑器を焼造する窯に限定された。…

※「官窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官窯の関連キーワード奥川 忠右衛門(1代目)小橋川 仁王大吉山瓦窯跡木戸瓦窯跡景徳鎮陶録栗栖野瓦屋小橋川仁王賀集珉平永楽赤絵宋の美術清水卯一清の美術李朝白磁李朝染付焼き物砧青磁越州窯栗栖野宣徳窯分院窯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官窯の関連情報