コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南宮(なんぐう)の神事芸能

1件 の用語解説(南宮(なんぐう)の神事芸能の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

南宮(なんぐう)の神事芸能

岐阜県不破郡垂井町に伝わる民俗芸能。5月に南宮神社行われる祭礼で披露される芸能で、御田植神事や蛇山神事、竜頭(たつがしら)を被った男児4名による「竜子舞」などがある。1979年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南宮(なんぐう)の神事芸能の関連キーワード岐阜県不破郡垂井町綾戸岐阜県不破郡垂井町伊吹岐阜県不破郡垂井町岩手岐阜県不破郡垂井町表佐岐阜県不破郡垂井町楠田岐阜県不破郡垂井町栗原岐阜県不破郡垂井町地蔵岐阜県不破郡垂井町清水岐阜県不破郡垂井町平尾岐阜県不破郡垂井町府中

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone